自分で自分を攻撃すれば、問題は無かったことになりますか?

Pocket

失敗をしでかすたびに、悲しい気持ちになる。いつになったら、私は人の役に立つ、人に迷惑をかけない人間になれるのだろうと。

はっきり言って、「私の気持ち」など、どうでもいい。

失敗をしたら、それで迷惑を被る人がいるはずだ。先ずはその人を想うことが先だろう。

失敗をすると保身に走りたくなるのは人間誰しもそうなのかもしれない。そんな中、顧客情報漏洩事故を受けて営業全停止を決断した元ジャパネット高田社長の凄さを思う。

父は私が何かをしでかすたびに感情を爆発させて私の全人格を否定する人だった。自分を守るためにいつしか、先手を打って自分で自分を攻撃して許しを請う、乞食根性が習い性になっていた。

過去の自分を攻撃するということは、結局自分で自分に対して、父と、同じことをするようになっていたということだろう。自分に対してそういうことをする人間は、他人に対しても同じことをするのだ。

結局は、問題を自分の外側に放り出して、なかったことにしているだけだ。つい今しがた致命的な失敗をしでかした自分を、自分以外の誰かみたいに攻撃することでその問題から、逃げ出しているのだ。これ以上、人生から逃げてどうなる?